「ヤミ金」タグアーカイブ

ヤミ金の恐喝や脅迫から守りぬく!

日々エスカレートするヤミ金被害に悩んでいる方はいませんか? そのままヤミ金被害に耐えていても、被害は悪化するばかりです。現状を打破するためにも、ヤミ金問題のプロ「ジャパンネット法律事務所」に相談してみませんか?

ヤミ金問題を解決するには、完済するか専門家の力を借りるか、この2つの選択肢しかありません。しかし、ヤミ金業者というのは、皆さんご存知の通り違法業者です。確かに「お金を借りた」と言うのは、まぎれもない事実ですが、違法な利子を払い続ける必要は全くありません。

高すぎる利子に取り立てや嫌がらせから解放されるためには、法律家の力を借りて綺麗に終結させるのが一番の解決策です。ジャパンネット法律事務所では、違法業者が最も恐れることを熟知している法律家が在籍している法律事務所です。あなたをヤミ金被害から守るため、恐喝や脅迫にも真っ向から立ち向かい、あなたを守りぬいてくれます。

また、生活の再建を一番に考えている法律事務所なので、支払いも後払い・分割を選択することができるので安心です。そして、ジャパンネット法律事務所に依頼されると、元金の返済も不要になります。ヤミ金被害からしっかりと守られ、元金の返済も不要になるなんて、とても心強い法律事務所です。

ヤミ金被害で悩んでいる方は、恥ずかしくて誰にも相談できないと思います。しかし、そのまま一人で思い悩んでいても、精神的にどんどん追い詰められてしまいます。

過払い金が発生している可能性が大きい

ここで、過払い金を取り戻せるケースについて確認しておきましょう。まず、過払い金が発生するケースと発生しないケースがあることを理解してください。

利息制限法に基づく利率で引き直し計算行なうと、支払い過ぎているお金が計算できます。その支払い過ぎている利息を元本に充て、本当の借金残高を計算します。

①計算の結果、借金残高がマイナスになる……過払い金が発生する。

②計算の結果、借金残高が残る……過払い金は発生しない。

そこで、知りたいポイントは、過払い金が発生する目安です。過払い金が発生しているかどうかの目安として、一般的に言われていることがあります。

金利18%超で、6年以上きちんと支払いをしている場合、過払い金が発生している可能性が高い。ただし、29.2%の利率で支払いを続けていても、支払い期間が3年以内の場合、過払い金は発生していない可能性が高い。

過払い金があるかどうかを知るには、取引履歴からとにかく計算してみることです。取引履歴は、業者に開示請求をすればすぐに開示するところがほとんどです。

引き直し計算自体は機械的に行なえますが、交渉では専門的知識が必要な場合が多くあります。交渉は一種の駆け引きのようなところがあり、専門的知識がないと相手の思うようにリードされてしまう危険性があるのです。