コーヒーダイエットとは

コーヒーに含まれるカフェインに、脂肪の燃焼を促す作用があることが分かったからです。
血液中の脂肪を効率的に燃やすためには、コーヒーを飲んだ後に体を動かすのが良いそうです。
コーヒーには利尿作用がありますが、コーヒーダイエットはコーヒーをたくさん飲んでたくさん尿を出すことで痩せるダイエット法ではありません。
運動する前にカフェインを取り入れることによって、脂肪燃焼効果を高めるダイエットです。
コーヒーダイエットでのコーヒーの飲み方は、お風呂に入る前や運動前、浅く焙煎したコーヒーをブラックで飲みます。
砂糖やミルクは入れません。
カフェインの脂肪燃焼効果は2~3時間しか続かないので、ダイエット中は3~4時間おきにコーヒーを飲むと良いでしょう。ダイエットのためとはいえ、コーヒーの飲みすぎは体に負担をかけるので、大量に飲むことはやめましょう。
胃粘膜の強さや、カフェインへの耐性には個人差はありますが、1日5杯以上は飲まないようにしましょう。
コーヒーには、代謝の促進や、体内の不要物を効率よく排出する作用があり、利尿作用があることでも知られています。
しかし、カフェインには鉄分の吸収を阻害する作用があるので気を付けましょう。
また、コーヒーダイエットは妊娠中の女性にはおすすめできません。
ウォーキングやエクササイズといった運動を取り入れるダイエットをしている人は、運動前にブラックコーヒーの習慣をつけてみてはいかがでしょうか。