ウォーキングダイエットの注意点について

ウォーキングダイエットをするときの注意点について考えてみましょう。
まず、最も大切なのは正しい姿勢で歩くことです。
歩くときは正面を向き、あごを軽く引いて背筋を伸ばして歩きます。肩を丸めたり、腰が反りすぎないように注意しましょう。
背筋をきれいに伸ばし、肘を後ろに振るようにウォーキングをすることが大切です。
また、酸素の取り込み方もウォーキングの効果を左右するので、腹式呼吸をしながら歩くようにしましょう。
脂肪は酸素を使ってエネルギーに代謝されていくので、しっかり酸素を取り込みながら運動するのが効果的です。
ウォーキングでダイエット効果を出すために、しっかりと腹式呼吸をして歩幅を大きくして歩くことが大切です。
腹式呼吸を意識してしたことがない人にとっては、これだけでかなり汗ばむし疲れると思います。
呼吸の仕方に慣れるまでは、ウォーキングしていないときに腹式呼吸の練習をしてみましょう。
腹式呼吸になれれば、あとはウォーキングしながらしっかり呼吸をするように意識するだけです。
ダイエットを継続するためには、無理のある目標は立てないことがポイントになります。
毎日必ず1万歩歩く、という目標より、今週は3回ウォーキングに出かける、といったゆるい目標の方が苦にならずに続けられます。
まずは簡単に達成できる目標から立てて、目標をクリアすることで充実感を味わいましょう。
ウォーキング用のウェアやシューズを揃えたり、好きな音楽を持ち歩くなどの工夫も、ダイエットを続けるためには効果的です。