ウォーキングダイエットを始める時

ウォーキングダイエットに取り組むとき、はじめから無理のある目標を立てないことがポイントになります。
無理して2時間歩いて疲れ果ててそれっきり、というのでは意味がありません。
有酸素運動は日課にして続けていくことが何よりも大切だからです。
習慣にすることが大変だと思われそうですが、ダイエットのための時間を毎日確保する必要はありません。
ウォーキングのための時間が作れなくても、日常生活に取り入れることでもかなりの歩数が稼げます。
エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使うことや、自転車移動を徒歩に切り替える、いつもよりひとつかふたつ遠い駅で降りて歩く、といった方法もオススメです。
普段の行動を見直せば、ウォーキングに当てられる部分は意外に多いと思います。
歩くことに慣れてきたら、今度はダイエットのために本格的なウォーキングをおこないましょう。
有酸素運動で脂肪がエネルギーとして使われるようになるには、運動を20分以上続けることが必要といわれてきましたが、現在は脂肪は1分で燃え始めるという説も出てきています。
20分も連続して歩けないからといってあきらめずに、こまめに歩いても充分ダイエット効果は出ます。
この程度で痩せるとは思えない、スマホの歩数計をONにして一日過ごしてみると、わざわざウォーキングに時間を取らなくても案外歩いていることに気づくでしょう。
そこから歩数の目標を決めて、意識して歩く時間を増やすようにすると、健康的に痩せることができます。