痩せる食事とたんぱく質

ダイエットをしているのになかなか体重が減らないという人は、たんぱく質の摂取量を意識してみましょう。
食事に気を付けてダイエットをしているのになかなか効果が出ない人の多くは、1日の総摂取カロリーが不足しているために、基礎代謝が低下して体が低消費モードになってしまっています。
体温や内臓機能を維持するために必要な最低限のカロリー量を基礎代謝といいます。
人間の体は良くできたもので、入ってくるカロリーが少なくなると、基礎代謝量を減らしてできるだけエネルギーを消費しないようにすることで生命を維持しようとします。
その結果、痩せるために食べ物の量を減らしているのに、体脂肪が増えやすくエネルギー消費の少ない体質になり、太りやすく痩せにくいという残念な体質になってしまいます。
そんな体質にならないために、たんぱく質が必要なのです。
カロリーの摂取量を減らすのと同時に、筋肉を鍛えることで痩せる体づくりができます。
筋肉を増やすと基礎代謝が上がり、痩せやすい体になります。
肉や油を使った料理をできるだけ控えるのがダイエットの鉄則と言われていますが、タンパク質である肉を適度に食べたほうがダイエット効果は高くなります。
ダイエット中は、脂身の少ない肉を選ぶようにしましょう。