痩せる食事と食事回数

痩せるためには食事の量だけでなく回数にも注意しましょう。
最近よく、朝飯を抜くダイエットをする人がいますが、朝はきちんと食べた方が痩せやすいという説もあります。
ダイエットをするために一食抜くという人も多いですが、空腹状態が続くとストレスによる反動でドカ食いしてしまうことがあります。
また、長時間何も食べずにいると、身体が飢餓状態に陥るため代謝を落としてエネルギーを節約しようとします。
その結果、カロリーを消費せずに貯め込む体質になってしまいます。
ダイエットのために食事を減らしても痩せない、なにをやっても痩せにくいという人は、これが原因かもしれません。
痩せるためにと、食事の回数を減らして摂取カロリーを抑えるのは逆効果です。
食事は朝、昼、夜の3回食べるのがもっとも効果的です。
その時、栄養バランスを考え、よく噛んで腹8分目に食べることがダイエットのためにはベストです。
しっかり噛むことは、消化を促し、少量の食事でも満腹中枢を刺激するので空腹のストレスを感じずに済みます。
高カロリーの食事を控えて、歯ごたえるのある野菜や低カロリー高たんぱくの食材を使ってヘルシーな調理法を心がけ、食べすぎに注意してよく噛むとそれだけでダイエット効果が得られます。