ダイエットの効果とリバウンド

一時的にダイエットに成功しても、しばらくしたらリバウンドして元よりも太ってしまったという話はよく聞きます。
リバウンドは、ダイエットをする人にとってもっとも手ごわい敵です。
痩せたくてダイエットをしたのに、ダイエット前よりも体重が増えてしまっては、頑張って取り組んだ努力が水の泡です。
極端な食事制限でダイエットをすると、リバウンドのリスクが高まります。
短期間で一気に体重を減らした人ほどリバウンドしやすいのです。
体に負担をかけず、リバウンドを防ぐためには、1カ月で2㎏程度に抑える減量法が適しています。
1カ月以内で3㎏~4㎏も減量すると、リバウンドや体調不良のリスクが急激に高まります。
カロリーをたくさん消費するような、ハードな運動をほんの1~2日した程度では、筋肉痛に苦しむだけでダイエット効果はほとんどないでしょう。ダイエットは、終わったときからが勝負です。低カロリーの食事を続けた後、きなり元の食生活に戻してしまうと、身体はエネルギーの消費を抑えて体内に脂肪として蓄積しようとします。ダイエットには停滞期があります。
順調に体重が減っていても、身体が適応すると体重はなかなか減らない時期がくるのです。
ここで焦って過激なダイエットに走ったり、効果が見えないことで心が折れてしまってダイエットをやめてしまう人が多いようです。停滞期にダイエットを中断すると、急激なリバウンドの原因になります。
ダイエット中は、なにかとつらいこともありますが、焦らず諦めず、コツコツ続けていくことが大切です。