「日記」カテゴリーアーカイブ

学生クレジットカードを持つメリット

学生がクレジットカードを申し込む場合、必要書類は事前に揃えておくことが大切です。
本人確認ができる保険証などの複写、印鑑、自分の名義の通帳が必要です。
また、ネットで資料請求もできるので、いくつか取り寄せてみてからどのクレジットカードが自分の用途に合っているか確認してみましょう。申し込み用紙を取り寄せたら、必要事項を記入して投函します。最近はネットで申し込みができるクレジットカードもありますが、その内容に基づいてクレジットカード会社が審査をおこないます。審査の結果、問題がなければクレジットカードが発行されます。
学生のうちに思い切って海外旅行をしたり、留学する人も多いと思います。そんな時にクレジットカードが1枚あればとても便利です。学生の自分にはクレジットカードは必要ないと思っている人もいるようですが、海外ではクレジットカードの有無で明暗が分かれることがあります。
クレジットカードがあれば、現金がなくてもどうにかなります。
細かな事情は国によって異なりますが、クレジットカードが身元証明書の代わりになることもあります。
現金の信用度が高くない地域では、クレジットカード決済のほうがスムーズに進むこともあるのです。
また、クレジットカードには保険がかけられているので、万が一トラブルがあっても安心です。
海外に滞在中、病気になったら保険金を受け取ることもできますし、海外のATMで現地通貨をキャッシングすることも可能です。学生とってクレジットカードには様々なメリットがあるのは事実です。

学生にクレジットカードが必要な理由

最近はクレジットカードを持つ学生が増えているようです。クレジットカード決済は、学生の日常生活でも実に便利なものとなっているのです。
光熱費の支払い、携帯電話料金の支払いや、急な外食などお金を使う機会が多いことが原因として挙げられます。クレジットカードが1枚あれば、海外旅行先でも買い物ができてとても便利です。
学生のうちしかできないような大胆な行動は、その後の人生の糧となることもあるでしょう。
クレジットカードなんかなくても慎ましい学生生活を送れば良いという考えもありますが、クレジットカードが学生生活をより良いものにしてくれることもあると思います。
無駄遣い防止のためにも、持たない方がいいという考えもありますが、クレジットカードで買い物ができるのとできないのでは大きな違いがあります。
利用明細には利用可能残高も記載されている、毎月きっちり確認して使った金額を確認することができます。
若いうちからクレジットカードとの付き合い方を知っておけば、金銭管理の勉強にもなるでしょう。
アルバイトなどでしか収入がない学生が持つクレジットカードは、社会人が持つカードと違って親権者の同意の上で作らなければなりません。学生専用のクレジットカードも増加傾向にあり、年会費無料のカードや学生にとって使いやすい特典がついたカードも増えているようです。

年会費無料のクレジットカードと特典

年会費無料のクレジットカードには、お得なサービスがないと思われがちですが、実際には特典サービスが豊富なカードも存在します。
クレジットカード決済というのは、現金払いとは異なり、キャッスレスで買い物をすることです。
財布の現金は減らないのに買い物ができるということから、お金を使ったイメージが希薄で、つい使いすぎる傾向があります。
クレジットサービスの特典で、ポイントサービスや分割払いの手数料無料サービスなどがあり、多くの人はそういったサービスを利用しています。
年会費無料なうえにポイントもつくので、現金で買い物するよりもはるかにお得になることもあるのです。
これからクレジットカードを作る人に向けた新規入会特典として、年会費無料で入会時に商品券が貰えるといったサービスもあります。
クレジットカードは、発行している会社によってポイント制度やキャンペーン内容が異なります。
作る前にしっかり情報収集をするのがおすすめです。
お得感を重視したい場合、年会費無料のクレジットカードを選ぶと良いでしょう。
インターネット決済を頻繁に利用する場合は、よく使用するネットショップでのポイント還元率が高いクレジットカードがお得です。
近隣での買い物がメインな場合は、年会費無料のハウスカードで決済すると便利です。
海外旅行や飛行機の利用が多い人は、マイレージサービスにポイントを連結させることができるクレジットカードが断然お得です。
クレジットカードはいろいろな会社が発行していて、特典内容もバリエーション豊富です。クレジットカードを選ぶ際には、特典の部分に目を向けてみるのも良いでしょう。

年会費無料のクレジットカードと現在

クレジットカードは、1950年にアメリカで誕生しました。
その後クレジットカードは世界中で一般的なものとなり、最近では年会費が無料のクレジットカードも登場しています。
日本では、アメリカよりも10年遅く、アメリカの企業と日本の銀行の提携によってクレジットカードが発行されたのが始まりとされています。
また、同時期に丸井のハウスカードも使われるようになりました。
クレジットカードが身近なもとのなった背景には、インターネット環境が整いネット決済が増加した時代の流れがあります。
普段の買い物ではクレジットカードは使わないという人も、便利なネット決済に惹かれてクレジットカードを所有することが増え、クレジットカードには多彩な会員特典や年会費無料サービスなどがつくようになりました。
昔は、クレジットカードは裕福な人だけが持てるものでしたが、最近は学生や主婦でも持つことができます。
カードの種類やデザイン、特典サービスの多様化も進んでいます。
特に人気なのが、維持費が一切かからない年会費無料のクレジットカードです。
気軽に持てる一方で、返済能力を超えたクレジットカードの使い方が問題視されています。
クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りすぎて返せなくなるというケースは年々増加しています。
年会費無料でも多彩な特典サービスをつけているクレジットカードもありますが、年会費無料のクレジットカードを作る時にはクレジットの特徴を良く知り、うまく付き合うように心がけたいですね。

年会費無料のクレジットカード

年会費無料のクレジットカードをショッピングに利用してる人はたくさんいます。また、クレジットカードを取り扱う業務をおこなっている会社も多数あり、クレジットカードのバリエーションは豊富で、銀行や信販会社だけでなく百貨店やスーパーのクレジットカードも発酵されています。
年会費無料のクレジットカードというのは、クレジットカードを所有した時に毎年会費として支払う費用が発生しないものです。
従来のクレジットカードは、年に一回会費が発生していましたが、その費用がかかるからクレジットカードは持ちたくないという人を取り込むために、年会費がかからないクレジットカードが作られたようです。
年会費無料のクレジットカードが増えたことで、日常的にクレジットカードを利用する人が増えました。
クレジットカードの年会費の相場は千円台~数万円となっています。
金額はクレジットカードを発行する会社によって異なります。年会費がかかるクレジットカードには会員特典サービスや利用限度額が有利であるという傾向があります。
最近は年会費永年無料のクレジットカードでも、ポイント制度や海外旅行保険、ロードサービスなどがついているものがあり、年会費が発生するクレジットカードに負けないくらい充実した特典で人気を集めています。
クレジットカードを作る時は、会員特典や年会費の有無など、自分のライフスタイルに合わせて検討しましょう。

自己破産手続きはどんな場合に利用できるか

これ以上、返済を続けていくことが不可能な状態、つまり「支払不能」の状態の多重債務者が、この手続きを選択することができます。では、どういう状態が「支払不能」なのでしょうか。

たとえば、サラ金などの高金利の業者からの借入によって多重債務者となってしまったケースでは、次のように考えてみてください。

現時点のクレジット・サラ金の平均金利を年27%程度として、クレジット・サラ金業者からの負債が350万円あったとします。この場合、毎月の利息は、350万円かけ27%÷12=7万8750円と、8万円弱になってしまうことがわかるでしょう。

つまり、単純にいえば、毎月8万円の利息を支払い続けていても、元本は減らないということです。一方、月の手取り収入が、仮に20万円程度だったとしたらどうでしょう。

ここから家賃や食費などの生活費や子どもの教育費などを差し引いた現実の可処分所得(処分の可能なお金)は、8万円に満たないケースがほとんどではないでしょうか。

そうであれば、このケースでは、ほかに特別な収入や資産でもない限り、支払いが不能であるといわざるをえないと考えられるわけです。もちろん実際には、それぞれ事情も異なるでしょう。

家計の収支を客観的に見つめ直してみましょう。そのうえで「個人債務者再生手続き」「特定調停手続き」による再生・再建の可能性を検討し、それが困難であると考えられた場合に自己破産手続きを選択するようにしてください。

自己破産の申立てができるのはどんな場合か?

「自己破産して借金の整理をしたいと思っている者ですが、私のような年収が600万円程度あるサラリーマンでも自己破産ができますか? また、200万円程度の借金の場合でも、自己破産することは可能でしょうか?」

自己破産により借金が免責されるためには、まず、申立人が「支払不能の状態にある」ことが必要です。支払い不能かどうかは、債務者の財産・職業・給料・労力・信用・技能・年齢・性別などを総合的に判断して、個別的にケース・バイ・ケースで認定されます。

ここで注意してほしいのは、債務者に財産がなくても債務者の信用や労力によって金銭の調達ができれば弁済能力の欠乏とはいえませんし、反対に財産があっても換価することが困難なために金銭を調達できなければ、弁済能力が欠乏しているといえます。

ですから、仮に急な出費によって、今月たまたま借金の20万円が支払えなくなったというような場合は、弁済能力の欠乏とはいえません。

しかし、債務者の信用による金銭の調達といっても、サラ金・クレジット業者から高利の融資を受けて金銭を調達できることは、弁済能力があることにはなりません。

細かい計算は省略しますが、ご質問の場合の年収600万円を例にとれば、月々の返済金は13万円。この月々の返済金13万円の3年分である468万円が返済総額となり、この468万円を超える債務総額の場合には自己破産による処理ということになります。

また、借金が200万円程度でも自己破産ができるか、という質問については、借金が少額だからといって自己破産が認められないというものではありません。

ヤミ金の恐喝や脅迫から守りぬく!

日々エスカレートするヤミ金被害に悩んでいる方はいませんか? そのままヤミ金被害に耐えていても、被害は悪化するばかりです。現状を打破するためにも、ヤミ金問題のプロ「ジャパンネット法律事務所」に相談してみませんか?

ヤミ金問題を解決するには、完済するか専門家の力を借りるか、この2つの選択肢しかありません。しかし、ヤミ金業者というのは、皆さんご存知の通り違法業者です。確かに「お金を借りた」と言うのは、まぎれもない事実ですが、違法な利子を払い続ける必要は全くありません。

高すぎる利子に取り立てや嫌がらせから解放されるためには、法律家の力を借りて綺麗に終結させるのが一番の解決策です。ジャパンネット法律事務所では、違法業者が最も恐れることを熟知している法律家が在籍している法律事務所です。あなたをヤミ金被害から守るため、恐喝や脅迫にも真っ向から立ち向かい、あなたを守りぬいてくれます。

また、生活の再建を一番に考えている法律事務所なので、支払いも後払い・分割を選択することができるので安心です。そして、ジャパンネット法律事務所に依頼されると、元金の返済も不要になります。ヤミ金被害からしっかりと守られ、元金の返済も不要になるなんて、とても心強い法律事務所です。

ヤミ金被害で悩んでいる方は、恥ずかしくて誰にも相談できないと思います。しかし、そのまま一人で思い悩んでいても、精神的にどんどん追い詰められてしまいます。

10%の金利で処罰されていたフランス

2000年ごろ、サラ金、クレジット、商工ローン、ヤミ金などの規制を強化するために、ヨーロッパの実情を調査したことを少し紹介しましょう。

一部の消費者金融業者は政治連盟をつくって、政治家に献金するなどして「規制を強化すると、かえってヤミ金が増える」など、さまざまな理由をつけて規制強化反対運動を展開していたので、それに対抗するために外国での実態調査をする必要があったからです。

そして諸外国の調査で判明したのは、フランスやドイツなどには、日本のようなサラ金がほとんどないということでした。とくにフランスは、金利規制が非常に厳しい国です。

日本銀行にあたるフランス銀行が、3ヶ月に1度、市場平均金利を調査します。市場平均金利の3分の4倍を超えると暴利として処罰され、金利も無効になる。

2000年当時、フランスでは金利が年10%を超えると暴利として処罰されることになっていました。日本の利息制限法よりはるかに厳しいわけです。

フランスでは市民の法意識がものすごく高くて「高金利というのは不正で違法な儲け方である」という考え方が浸透しているというのです。

だから、フランスではヤミ金が商売を始めようとすると、ヤミ金に関する苦情が行政や警察に殺到して、ヤミ金業者はすぐに捕まってしまう。だから開業資金が無駄になり、「ヤミ金はフランスでは割に合わないんだ」ということになるそうです。

 

過払い金が発生している可能性が大きい

ここで、過払い金を取り戻せるケースについて確認しておきましょう。まず、過払い金が発生するケースと発生しないケースがあることを理解してください。

利息制限法に基づく利率で引き直し計算行なうと、支払い過ぎているお金が計算できます。その支払い過ぎている利息を元本に充て、本当の借金残高を計算します。

①計算の結果、借金残高がマイナスになる……過払い金が発生する。

②計算の結果、借金残高が残る……過払い金は発生しない。

そこで、知りたいポイントは、過払い金が発生する目安です。過払い金が発生しているかどうかの目安として、一般的に言われていることがあります。

金利18%超で、6年以上きちんと支払いをしている場合、過払い金が発生している可能性が高い。ただし、29.2%の利率で支払いを続けていても、支払い期間が3年以内の場合、過払い金は発生していない可能性が高い。

過払い金があるかどうかを知るには、取引履歴からとにかく計算してみることです。取引履歴は、業者に開示請求をすればすぐに開示するところがほとんどです。

引き直し計算自体は機械的に行なえますが、交渉では専門的知識が必要な場合が多くあります。交渉は一種の駆け引きのようなところがあり、専門的知識がないと相手の思うようにリードされてしまう危険性があるのです。