エステで簡単に脱毛する方法

最近は家庭用脱毛機の種類も豊富で価格も手ごろなものが増えてきました。
しかし、自分では手が届かない部分ややり方がわからない部分もあるということで、エステや皮膚科で脱毛をしたほうが信頼性が高いと思っている人も多いようです。
家庭での脱毛にはどういった問題点があるのでしょうか。
カミソリやシェーバー、毛抜きなどを使ってお風呂でムダ毛の処理をしたり、除毛クリームや脱毛テープを用いるなど、自分でできる脱毛方法はいろいろとあります。
ムダ毛を広範囲ではなく1本ずつ抜いていく方法は、以前は皮膚科でも行われていました。
以前は特殊な電流を針の先に流ししながら1本ずつの毛根を破壊するこの方法が一般的でした。
家庭でこのように1本ずつ処理するなら、毛抜きを使うことになります。
毛抜きで毛を抜いたとき、皮膚は相当なダメージを受けます。
毛を抜いているだけなのに出血したり、にきびのような炎症を起こすことがあります。
毛を抜くとしばらく新しい毛は生えてきませんが、次に生えてくる毛が皮膚の内側で成長してしまう埋没毛になることがあります。
埋没毛は、エステのフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛で対応できないことがあるので、今後エステでの脱毛をしたいと思っている場合、毛抜きでの自己処理はしないほうが良いでしょう。
光を照射するタイプの脱毛は、毛根がないと効果がないので、毛抜きで処理して毛根がない状態では効果を出すことができません。