エイジングケアに効果的なビタミンCサプリメント

エイジングケアを気にかける人が増加しているようです。サプリメントでアンチエイジング効果を期待する人は少なくありませんが、加齢の影響というと肌に目がいきがちです。肌の保湿にはコラーゲンやヒアルロン酸配合のスキンケア用品やサプリメントがエイジングケアでは人気ですが、老化による体の影響を軽減するには、これらの栄養成分だけでは足りない部分があります。皮膚の手入れだけで老化の問題は改善するものではありません。例えばビタミンCの摂取などで、体を内部から見つめ直すことが大事です。ビタミンCは女性にとって不足しやすいビタミンです。ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、体の中に長い時間貯蔵する事が出来ないためです。ビタミンCサプリメントは、エイジングケアのために使うサプリメントの中でも一般的なもので、常に取り入れたいものです。ビタミンCには具体的にどのような働きがあるのでしょうか。ビタミンCの働きとして抗ストレス作用というものがあります。通常、ストレスのかかった体は血糖値や血圧に変化が生じます。この変化をコントロールするために分泌されるのが副腎皮質で作られる抗ストレスホルモンで、体をストレスから守ろうとします。ストレス反応の主役である抗ストレスホルモンの体内生成にビタミンCが欠かせません。強いストレスは体内にあるビタミンCを多量に消費します。ビタミンCは脳や心臓など命に関わる臓器で優先的に使われるため、なかなかお肌にまで行き渡らなくなってしまいます。ストレスが原因で、体内で多量の活性酸素が発生します。血液中のメラニン刺激ホルモンも多量に発生し、メラノサイトを活性化させ、お肌にシミが出来やすくなります。肌を守るには、ストレス対策が欠かせないのです。肌年齢の増加は、皮膚の中でコラーゲンがうまく作れないこととも関わりがあります。サプリメントなどでビタミンCを確実に補うことで、エイジングケアへの効果を期待することができます。