EMSによるダイエット効果

EMSダイエットは、筋肉に電気刺激を与えることで運動効果をもたらすダイエット方法です。実際に筋肉を動かした場合と、EMSで筋肉に電気刺激を与えた場合、どのくらい差があるのでしょうか。
普段、筋肉を動かすために筋肉に届けられる電気信号は、脳から神経を通過して送られています。電気信号を受けた筋肉は、伸縮するので筋肉に力が入った状態になるのです。
体に電極を張り付けて皮膚表面から電流を流すEMSの場合は、人工的な電力によって筋肉を収縮させるのですが、とても弱い電流なので安全性は問題ないでしょう。
そのぶん、EMSを使用した筋肉の収縮は、ごく弱い負荷の運動に限定する必要があります。
筋トレがわりにEMSを使うなら、安全に与えられる刺激としては小さすぎるでしょう。
本当の筋トレには及ばないものの、ダイエット効果は期待できるようです。
EMSダイエットのメリットは、実際に体を動かす時に起こりがちな体への負担が小さいことです。
首や肩に無駄な力が入ることや、歯を食いしばってハードなトレーニングをしなくてもしっかり筋肉が動かせるので、運動が苦手な人や体力がない人も手軽におこなうことができます。
体を動かす時とは別なアプローチができるのが魅力です。

EMSを利用したダイエットについて

EMSダイエットは、ダイエット器具を使用するダイエットの中でもラクにできるので人気があります。
食事の摂取カロリーを減らしたり運動をするダイエットが苦手な人にとって、ダイエット器具を使用するダイエットはとても魅力があるようです。
EMSダイエットは、外部からの電気的な刺激で筋肉を収縮させて脂肪を燃焼させるので、実際に体を動かさなくても電気のパワーで筋肉を増強することができます
腹筋をしていないのに、腹筋数百回分の筋肉運動ができるのがEMSなのです。
EMSはもともと、アスリートが筋肉を鍛えたり、高齢者やケガのリハビリを目的に、医療器具として用いられていましたが、最近は、エステの痩身コースでも使用されています。
EMSは外部から刺激で筋肉を動かすので、効率よく筋トレとダイエットができます。
ダイエット効果は、EMSで刺激を与えた部分から実感できるでしょう。
最近はスポーツジムや整骨院などでも使われていて、医療機関でもダイエット外来などで活用されています。
ダイエットのためにEMSを使ってみたい場合、家庭で使用するだけでなく、そういった施設で利用することも可能です。

1週間ダイエットには脂肪燃焼スープを

1週間の短期集中ダイエットにもっとも適しているのは置き換えダイエットですが、それ以外にも1週間ダイエットの方法はあります。たとえば、脂肪燃焼スープによる1週間ダイエットです。
脂肪燃焼スープダイエットは、自宅で大きな鍋に脂肪燃焼スープを作って食事がわりに食べるので、好きなだけ食べることができます。
脂肪燃焼スープダイエットに取り組む時は、1日1.5~2リットルの水分を摂取して体内の不要な水分を排出する必要があります。
脂肪燃焼スープで1週間ダイエットをする場合、事前に1週間の食生活を決めて、その内容に沿って食事をとるようにします。
1週間ダイエットの特徴は、フルーツや野菜、スキムミルクと一緒にスープを食べることです。
脂肪燃焼スープダイエットをおこなう1週間の間は、炭水化物はほとんど摂取しません。
そのため、ヘルシーでバランスが良く見えますが栄養が偏るので長くは続けられません。低カロリーな脂肪燃焼スープを取り入れることで1週間でも大抵の人がダイエット効果を実感できるでしょう。しかし、このダイエットを長期間続けると、筋力が低下することがあるので長期間のダイエットには適していません。
脂肪燃焼スープダイエットは、とにかく1週間で限界まで体重を落としたいという人のためのダイエットなので、健康面やリバウンドのリスクという点では不安が残るかもしれません。

1週間ダイエットの方法

1週間ダイエットに挑戦するなら、置き換えダイエットが適しています。
置き換えダイエットは、1日のうち1~2回をダイエット食品に置き換えるダイエット法です。
このダイエットを行うときの注意点は、普段もっともカロリーを摂取している食事を置き換えることです。夕食にカロリーの高い食事をとる場合、置き換えるのは夕食にします。
夕食は食後にカロリーを消費することが少ないいので、たくさんのカロリーは本来必要ありません。
その夕食をダイエット食品に置き換えることで、大きな効果を得ることができます。ほかには、おやつを控えることと、置き換え以外の食事を食べ過ぎないことにも注意が必要です。
ダイエット食品として販売されているものには、おかゆやクッキー、シェイクなどのドリンクなどがあります。
おかゆや雑炊などの食品は、通常食とあまりかわりないので、満足感が得られるでしょう。
少量の食べ物でも、しっかり噛むことによって満腹信号が出るので、空腹を感じにくくなります。
食事としては物足りないかもしれませんが、ドリンク状のダイエット食品は低コストで大幅にカロリーカットができるのが利点です。
クッキータイプのダイエット食品は、味や食感がいいので多くの人が利用しています。
1週間の短期集中ダイエットとはいっても、無理のし過ぎはよくありません。
ダイエット食品を利用する時、一日のすべての食事をダイエット食品に置き換えるのはやめましょう。

1週間でダイエット

1週間ダイエットは、カロリーをコントロールして1週間で着実に体重を落とすというダイエット方法です。
このダイエットで心がけるべき点は、食事による摂取カロリーを抑えることと、体に必要な栄養素をしっかり補給することです。
1キロ脂肪を減らすためには、7200キロカロリーの消費が必要です。つまり、21600kcal控えることによって3㎏の減量が達成できるという計算になります。
この期間を7日間と設定した場合、1日に3085キロカロリーずつ控える食事制限で達成できるということです。
しかし、水泳でカロリーを消費する場合、30分泳ぎて消費できるのは560kcalです。1週間ダイエットに成功するためには毎日欠かさず3時間近く泳ぐことが必要となります。
ジョギングの場合、30分で260キロカロリー消費するので、1日6時間走ることになります。
ウォーキングだと30分で120kcalのカロリーの消費なので、毎日13時間も歩かなければならない計算になるのです。
こうしてみると1週間ダイエットは非現実的なダイエット法のように見えますが、摂取カロリーを減らすことによって、長時間の運動をしなくてもカロリーの摂取量を控えることができます。
高たんぱく、低カロリーの食事を心がけ、普段より多く運動することで1週間で痩せることはできるのです。

ダイエットDVDの活用方法について

数年前、社会現象になるほど大ブームとなったビリーズブートキャンプのダイエットDVDは、ハードな筋トレをメインにしたトレーニングで多くの男性の心を掴みました。
ビリーズブートキャンプ以外にも、コアリズム、ヒップホップアブス、ズンバなどのDVDもヒットしました。
こうした海外発のダイエットDVDは、字幕版だけでなく吹き替え版もあるので活用しやすくなっています。
運動中心のダイエットで痩せるにはできるだけ毎日行うことが大切です。
しかし、フィットネスクラブに通うには費用も時間もかかります。忙しくて時間が取れない人には、家でできるDVDダイエット運動です。
フィットネスジムのように、トレーナーの指導を受けながらエクササイズしたいという人も、ダイエットDVDがあれば自宅で簡単にそれが実現します。効率的なダイエットをするにあたっては、30分以上の運動を行うことがポイントになりますが、3ヶ月間毎日コアリズムやヒップホップアブスのDVDを見ながら運動をしたことで10㎏も減量できた人もいるようです。
ダイエットDVDで効果を出すためには、途中でやめずに習慣にして続けていくことがなにより大切です。
ただ、同じダイエットDVDで運動をしていると、1カ月くらいで飽きてしまうこともあるでしょう。
その場合には、違ったタイプのDVDを用意して気分や体調によって使い分けるのが良いと思います。

ダイエットDVDは人気のダイエット方法

DVDを使って家でダイエットをする人が最近は増えているようです。
ダイエットDVDには、いろいろなものがあり、書店やインターネット通販、コンビニもで購入することができます。
ダイエットDVDの中で特に人気があったのは、ビリーズブートキャンプという軍隊式エクササイズDVDです。
かなりハードな筋トレに特化したダイエットメニューが組まれているビリーズブートキャンプは、運動量が多くかなり高いダイエット効果に期待できるとあって大反響でした。
普段あまり体を動かさない人にとっては、ビリーズブートキャンプの運動はハードすぎて続けることが困難かもしれません。筋トレを中心とした運動なので、脂肪の代謝効果は抜群です。
しかし、華奢な体型に憧れていて筋肉はあまり欲しくないという若い女性には、ブートキャンプのダイエットDVDはハードすぎるためおすすめできません。もう少し気楽にダイエットを楽しみたい人は、ダンスエクササイズのDVDがおすすめです。ヒップホップダンスやフラダンスなどを取り入れたダンスエクササイズDVDもたくさんあります。
簡単な体操のようなものもあるので、リズム感に自信がなくても安心です。楽しく踊って痩せられるDVDを見つける事ができれば、飽きがこなくて継続するので成功しやすいでしょう。
ダイエットDVDは、日本だけでなく海外のものもたくさん販売されています。字幕や吹き替えで日本語で楽しめるのでこういったものもオススメです。

縄跳びダイエットとは

手軽で効果的なダイエット法として人気なのが、縄跳びダイエットです。
毎日なわとびをすることで痩せるというのでお金も手間もかからず、今日からでもはじめられる簡単な方法です。
なわとびダイエットの方法は、1日20分~30分縄跳びするというだけのシンプルなもの。
そうはいっても大人が外で20分も縄跳びをするのは少し恥ずかしい…と思うかもしれません。
しかし最近は縄のない縄跳びというダイエットグッズがあるので安心です。
これはエア縄跳びといって、縄を跳ぶのと同じイメージで持ち手を回しながら跳ねることで、なわとびダイエットと同じ効果が得られるというもの。
実際にやってみるとわかりますが、本当の縄跳びもエア縄跳びも、20分間続けるのは相当大変です。
最初のうちは5分連続くらいからスタートして、慣れるにしたがって徐々に時間を増やしていくのがおすすめです。
より効率的に有酸素運動がしたい場合、縄跳びは非常に効果的です。
なわとびダイエットに必要な道具はなわとびだけで、他にはなにも必要ありません。
誰もが小学生の頃に縄跳びに親しんだと思いますが、もう何十年も全く縁がないという人もいます。
昔は簡単にできた連続跳びが全然できなくなっているという人も少なくありません。
慣れるまではすぐに縄が引っ掛かって続けられないかもしれませんが、ダイエットやリフレッシュに最適なのでおすすめです。

ジムを有効利用して無理なくダイエット

ダイエットは、自己流でおこなう人もいれば、ジムに通って取り組む人もいます。
目標やダイエット中の気持ちを誰とも分かち合わずにダイエットをするのは寂しいものです。
ジムでダイエットをすると、自分と同じようにダイエットに励む人と出会うきっかけになるでしょう。
ダイエットのためにジムに通っていたという人の中には、はじめのうちは黙々と体を動かしていたものの、面倒になってだんだん行く回数が減り、結局やめてしまったという人も多いようです。
仕事が忙しくなってジムに行く時間が取れなくなったり、異動によって勤務時間や休日、勤務地などが変わってジムから足が遠のいてしまったりすることもあります。
ダイエットをするうえでもっとも大事なのは、続けることです。そのため、毎日必ずジムに行くといった無理な目標を立てるより、週に2回は行く、という程度の負担の軽い目標にして継続する方が効果的です。
ジムで体を動かすことは、気晴らしやリフレッシュにもなります。
ダイエットだけを目的として通うと、運動そのものがストレスになるかもしれませんが、身体を動かして汗を流すことが心身のストレスの解消に役立つとなれば長続きしやすくなるでしょう。
ジムに通ううちに筋肉が増えれば、基礎代謝が上がってダイエット効果が出やすくなります。
すぐに理想の体型になれるわけではなくても、継続して取り組むことで確実にダイエット効果が得られるでしょう。
ジムでダイエットをする場合は、無理のないスケジュールを立てて、体と心に負担をかけないようにするのがポイントです。

ボクシングジムでのダイエット

ダイエットのためにジムに通う人が増えているようです。
フィットネスジムやスポーツジムだけでなく、ボクシングメニューでのダイエットができるボクシングジムも最近は人気です。ボクサーが試合に向けて行うトレーニングメニューは、有酸素運動や筋トレの要素が多く含まれているのでダイエットに最適です。代謝を高めてダイエットに適した体質に改善することも可能です。
ボクシングジムでのダイエットは、かなりハードな運動がメインになるので、ダイエットエクササイズよりも多くのカロリーを消費することができます。
ボクシングジムで行われているエクササイズは、ボクササイズと呼ばれています。このボクササイズが、女性の間で人気のダイエット法となっているのです。
ボクササイズができるボクシングジムは女性の利用者も多く、ボクシングジムは男性の場所というイメージは薄れつつあります。
ボクシングジムは、会員制だけでなく、ウィークディや夕方以降など、利用時間を区切って安く利用できるシステムを取り入れているところも多いようです。子供の為のボクシング教室などもあり、親子で一緒に運動できる事務も増えています。ボクシングジムにも、スポーツクラブやフィットネスジムと同様、ダイエットメニューの作成や運動指導ができるプロの指導者がいます。
目的に合ったメニューが作ってもらえるので、安心して取り組むことが出来るでしょう。ボクササイスはストレス発散にもなるので、ダイエットとリフレッシュを目的としている人におすすめです。